Nursing department

看護部紹介
demo-attachment-45-Group-622

看護部理念

「私たちは、個々の生命・人格を尊重し、人間対人間の看護を実践します」

看護部長あいさつ

私たち看護部は、甘木病院の理念・方針である「地域に求められる精神科病院」のもと、思いやりと温かさを持った看護の提供に努めております。
人間は誰しもがストレスなどによって心のバランスを崩し、一人ではそれを乗り越えられない状態になることがあります。そのような時、私たち看護師は、低下したセルフケアの能力(食べること、眠ること、排泄すること、安全を守ることなど)を支え、回復に向けたお手伝いをする専門職として、常に患者さんの身近でお世話をさせていただいています。その場面では、温かなコミュニケーションや、時に人間同士の心の通い合いがあります。患者さんが看護者との関係性によって力を取り戻し、再びその方らしい生活に戻ることができる、それが私たちの目指すものです。

看護部長挨拶

松永さゆり

看護部長

精神科看護師を目指される方へ

皆さんはこころの辛さを抱えた時に、誰かに話を聞いてもらったり、さりげない優しさを感じ、再び立ち上がる力が湧いてきた経験はありませんか。

人は、悩みや苦しみを人に「話す」ことで、「離」し(客観的に見る)「放」す(乗り越える)といわれます。精神科看護師は、人間性とコミュニケーション力で、時に母親役としてまた時には治療者として自らを活かすといわれます。精神科看護は、患者さんとの関わりの中で、人間的な成長に影響を与える可能性を持ち、同時に自分自身も人間として成長するという側面を持つ、とてもやりがいのある領域です。
当看護部は、様々なキャリアを持つ、幅広い年齢層のスタッフが生き生きと活躍しています。
また、当院では従来よりワークライフバランスを大切にした風土があり、家庭生活と仕事を両立しやすい職場であると自負しています。
精神科の経験がない方であっても、患者さんとの関わりを大切にしたい方、精神科看護に携わりたい方をお待ちしています。

教育に関して

2-manager

大内田 健

2階病棟管理者
3-manager

川波 沢美

3階病棟管理者
4-manager02

大武 元子

4階病棟管理者

認知症看護認定看護師

認定看護師とは、患者・家族によりより看護を提供できるよう、認定看護分野ごとに専門性を発揮しながら、3つの役割「実践・指導・相談」を果たし、看護の質の向上に努めることが役割です。認定看護師は専門分野が21分野あり、その中で当院には認知症看の認定看護師が所属しています。
当院は精神科病院であるため一般病院では外来通院や入院継続が困難な認知症の患者さんが来院することがあります。「認知症」と決めつけることなく、様々な職種が、情報の精査・症状を観察し正しく診断して、患者さんに合ったケアを提供しています。
認知症看護認定看護師の役割は外来・病棟など患者さんのケアで困難なことが起きた場合や方針を決めていく中で疑問が生じた場合に、専門的な立場として「実践・指導・相談」を行っています。認知症の患者さんがその人らしく安心できる状態に近づける看護を大切にし、そのケアがスタッフに根付くよう病院全体で協働する環境を構築します。

看護部組織図

看護部は、看護部長が業務を総括し、看護機能の遂行と管理を行う。

看護体制

・4階病棟:精神一般病棟 15対1入院基本料
・2,3階病棟:精神療養病棟 看護配置・看護補助配置15対1

求人情報

・公休123日
・3交替制(準夜勤、深夜勤を合わせた2交替制も可)
・有給休暇取得率  %(2019年度実績)